Uncategorized

保険はギャンブルの一種か?

21世紀以前には、保険とギャンブルはその共通の性質、つまり「不確実性」のために類似のものと考えられていました。その支払いは双方ともに、偶発的に起こる出来事に基づいて行われます。保険に関しては、保険契約者が損失の時期や規模について事前に知ることはできません。ギャンブルの場合と同じく、支払いにつながる出来事が起きれば保険契約者はお金を受け取り、起きなければ損をします。とはいえ、ギャンブルと保険契約は全く同じものではありません。

人気のサーカス系オンラインスロットシリーズ第2弾! Golden Ticket 2(ゴールデンチケット 2)をベラジョンでプレイ!

リスクの性質

保険においては、リスクは確実に存在するものですが、不確実なのはそれがいつ起きるかという点です。そのような不確実な事象には事故、火事、老齢、死などがあり、いつでも起きる可能性があります。

保険に入っていないとどうなるでしょう?

保険に入っていない場合は、そのようなリスクに直面した時に多大な損失を被ることになります。しかし、あらかじめリスクに対処する保険に入っていれば、保険の対象となるリスクが起きた際に、規定の金額、あるいは損失をカバーする金額が支払われるでしょう。このように、保険とはリスクに対する備え、そして防御となるものです。

一方、ギャンブルの場合は、もともと将来のリスクというものは存在していません。ギャンブルのリスクは、ギャンブルをする際にプレイヤー自身が生み出すものなのです。一方が損失を被り他方が利益を得るというシンプルなルールで、ギャンブルではゲームが実施されなければ、損失も生じません。保険の場合、資産に保険をかけていなければ所有者は損失を被りますが、保険をかけていれば、誰にも損失は生じません。

被保険利益

保険契約は、被保険利益が存在することが前提となります。被保険利益のない保険契約は賭博契約とみなされるでしょう。この原則が保険契約とギャンブルを分かつ大きな要素となります。

保険とギャンブルの違い

保険とギャンブルとを区別する主な点

  • ゲームや賭博契約は法的に無効ですが、保険契約は合法的な契約です。
  • 保険契約は信義誠実の原則に則る必要がありますが、ギャンブルの賭けに信義則はありません。
  • 保険の支払事由は起きるか起きないかは不確実ですが、死亡保険を除けば、複数回起きる可能性があります。ギャンブルで支払いにつながる事象は、1度の賭けにおいて1回だけしか起きません。
  • 保険契約には被保険利益が必須ですが、ギャンブルには必要ありません。
  • ギャンブルでは、勝つと賭け金以上に儲けることができますが、保険には損害のてん補以上に利得を得てはならないとする原則が適用されます。
  • 保険の加入者は損失を免れますが、ギャンブルでは勝敗の行方がどうなるか、誰が損失を被ることになるのかは誰にもわかりません。
  • 保険では支払事由となる出来事が起きることは、どの当事者にとっても望ましいことではありませんが、ギャンブルでは誰もが自分が勝つことを願っています。

保険は効果的なリスク移転ツールです。個人が資産運用の管理を計画する際に、保険は重要な要素です。保険の主要な目的は、不確実性を除去することですが、それ以外に資産運用の側面も持っています。保険はギャンブルではありません。むしろ保険に入らなければ、自身の資産の将来をギャンブルしてしまっているのと同じことになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *